水野式リフレクソロジーのタムタム人間の体には幾つかの反射区があり、それから反射区を刺激することにより、体の各部分の機能を活性化するという考え方が反射療法、リフレクソロジーの理論です。

その反射の考え方を日本人の身体のしくみにあわせて健康的に取り入れ、施術を行う事が水野式リフレクソロジーです。
気持ちの良い施術から、本気で健康を意識した、身体の全体をケアしていく、幅広い療法が可能です。
永きに渡って習得してきた療法を、皆様にお伝えしていく事が使命と考え、タムタムでの施術だけでなくアカデミーによる人材育成や、日々の生活から出来る足もみ検定での指導もしています。

2012年12月03日

足に夢乗せて


博多で講座を終えて帰り道
山口県の長門市に寄りました。
受講生西村さんの案内、車で走った時
少し、走ると小さな楕円形の看板トヨタと書かれていました。
軒並みにあるのです。
「何故こんなにトヨタの看板があるの?」と聞いたら、
鉄道がなく、車がないと仕事にならない、
車に何かがあるとこの看板のお宅に入ると助けてくれる。
そうか!!
足に何かが起きたらタムタムの看板のある店に行こう
法月と“足に夢乗せて”100店舗作ろう
と決めた時でした。

12月1日のホームページに「独立開業支援短期集中講座」
が掲載されています。
今この時代
資格事業が注目されています。
ぜひご覧になってください。
http://www.value-press.com/pressrelease/104687
posted by 水野美予子 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

辰巳芳子さんの「命のスープ」タムタム鷹匠店で試飲できます。

辰巳芳子さんの生き方「天のしずく」命のスープ
映画を見て、ぜひ飲んでみたいと思い作りました。
映画を見た時も、スープを口にした時も感じた事
・・スープに視る深く豊かな根源、「生きる」ことの意味が見えてくる・・・

足に置き換えました。
お湯につける・・角質を取る・・足を触る心・・歪みが視えてくる
そこまでやると、生きる根源が視えてくる。

映画の中で辰巳先生とハンセン病患者(共に80歳以上)の会話。
「80歳を越えたら生きてきた意味が見えてきた」と言っていた。
80歳まで生きて、この人生は何だったか?生きてきた意味を見て見たい。

タムタム鷹匠店”命のスープ”足のマッサージの後、お出ししております。
是非のみに来てください

「命のスープ」飲んでみたい。
お勧めの映画です。
posted by 水野美予子 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

足から体を見ると病気がわかる。

今日のお客様
50代の女性・病気の問屋さん
「こんなに病気をたくさん持っているのに今日まで生かされている事に感謝」
と笑顔で話していた

足を見た、
ぞうり足でもない。足裏はきれい。魚の目たこはない。
温かい足。

足からからだを見ていくと、
答えが見えた。
「胃と腸」でした。
胃は心をすぐに映す、心配事や不安が胃に反映する。

お腹のマッサージをして骨盤を整えたら
体が軽くなった。
彼女に教えた事は
いいことを思うといいほうに結果が出る
悪い事を思うと悪い結果がでる。
都合いいように考える、いいかげんに思うことを提案しました。
posted by 水野美予子 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。